歩き方や身体全体のバランスも見よう!
2017.05.31

きれいな女性子供の頃は、エラ張りが気にならなかったのに、大人になるにつれ、エラが目立つようになってきたという方は、骨格以外の原因が大きく関わっています。いつもカバンを片方に提げている方や猫背で歩いている方は、体に歪みが生じやすくなります。姿勢が悪くなると、片方に噛み癖がついたり、奥歯に力を入れてしまうため、エラ張りの原因となる「咬筋」という筋肉が発達します。また、スマートフォン、タブレット、パソコンを使う事が多い方は、首の位置が前になり、アゴを突き出した状態になります。エラが目立つ姿勢になるうえ、肩や首のコリを招きます。体のコリは血流を悪くし、老廃物や脂肪を蓄積しやすくします。顔周りのむくみやたるみを引き起こし、しもぶくれの大顔に見えてしまうという悪循環を招きます。片頭痛がある方は、ストレスが原因で、奥歯を噛みしめてしまうクセがつき、咬筋が発達してしまうので、姿勢を正してストレスを上手に解消するようにしましょう。ただし、ヨガやランニングなど、スポーツのやりすぎで、知らず知らずのうちに歯をくいしばってしまうと、かえってエラが目立つようになってしまうため注意してください。
そして、顔の片側のみエラだけが目立つ場合は、頬杖をつくクセや噛み癖による顔の歪みが原因です。このように、エラ張りの原因はさまざまです。エラが気になるからといって、ダイエットで小顔を目指しても、痩せすぎにより頬にくぼみが出来てしまえば、エラが目立つようになります。エラを目立たなくするもりが、間違った方法で逆効果を招く結果とならないように気をつけてください。そのほか、口呼吸でアゴを前に突き出している方、歯の噛み合わせが悪く受け口になっている方もエラ張りが起きます。
エラの整形をする前に、歯や姿勢の矯正でエラ張りまで改善した!という事例もあります。骨格以外の原因に思い当たるポイントがある方は、自分で出来る事から見直してみましょう。整形でエラの手術を受けるとなれば、費用と体への負担が大きくなります。日常生活を送る上で、何気なく取っているクセや習慣により、エラ張りを招いてしまっているケースが多いため、まずは歩き方や身体全体のバランスをチェックして、エラ張りの原因を探ってみてください。整形するための予算がないと言う方、学生のため整形する事が難しいという方も、コンプレックスの悩みを生まれつきだからと諦めてしまう前に、セルフケアから始めてみましょう。

▲ ページトップへ